キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 横断幕のサイズ : 横断幕について

横断幕のサイズ

横断幕について

横断幕は実際に見てみるとかなり大きい感じがします

横断幕についてTOP画像

横断幕のサイズ

横断幕のサイズはさまざまです。

一番小さいサイズで60cm×180cm、他にも90cm×180cm、60cm×240cm、90cm×240cmの大きさが定番のサイズです。

もちろん、サイズはいろいろ自由に作る事ができますが、そのぶん高くなるだけです。

90cm×240cmのサイズの横断幕でも、実際に見てみるとかなり大きい感じがします。

横断幕は大型のプリンターを使って色鮮やかな印刷を行っているのが普通です。

もちろん家庭用のプリンターのインクではありませんので、色落ちの心配もありません。

イベント用に横断幕を用意しようということが多くなっています。

やはりイベント会場では、横断幕やのぼり等が雰囲気を高めるアイテムだからです。

いろいろなスポーツイベントでも横断幕は人気です。

応援を盛り上げるためには欠かせないアイテムになっています。

地域のイベントにも横断幕があると、イベントがあることも分かります。

やはり目から入ってくる情報というのは重要、のぼりと組み合わせることでもっと効果的になるというのもポイントです。

新春の箱根駅伝も、沿道で応援をしている人が数人で横断幕を広げて応援をしている姿がありました。


Google
WWW を検索 横断幕についてを検索